入浴は一時的に体温が上がるため、効果的に眠るために、とても有効です。入浴のタイミングですが、これは就寝の1時間前くらいがベストです。なぜなら、これより早く入浴をしてしまうと、体温の上げ下げのタイミングがずれてしまい、効果的に眠ることができなくなってしまうからです。ちなみに、温度は38てから40てくらいがオススメです。10分から20分ほどお湯につかることで、体を徐々に温めてあげれば、心地よく睡眠に入ることができるでしょう。寝かかっていたのに、電話がかかってきて目が覚めてしまった…。そんな経験が、あなたにはありませんか?こうした寝るタイミングを逸してしまった時に有効なのが、シャワーを浴びることと、温かいものを飲むことです。シャワーを浴びると一時的に体温が上がりますので、体はその温度を下げようとします。同じように、温かいものを飲むと一時的に体温が上がるので、体は同様に、体温を下げようとします。この体温が下がる時に、人間は眠くなります。飲み物としては、ホットミルク、ホツトレモン、温かい麦茶などがいいでしょヽつ。お茶などを飲むと、カフェインが逆に眠りを妨げてしまいます。脳を蝙す小手先のテクニックですが、寝るタイミングを逸してしまった時には非常に有効なので、ぜひ実践してみてください。